toggle
各務原市であらゆる産業のプレス金型を製造
2020-11-11

新工法(特許出願中)のパイプ穴抜き

2010/6

シバ金型ではパイプ穴抜きの金型も多数手掛けております。
現在の方法は外側からの加工が一般的ですが新工法はハイテン材で最小径31.8パイを内側から加工できます。

この新工法は今までの問題点である芯金への食いつきが無く360度どの方向にも1回で複数穴が加工可能です。
加工工程の短縮と同時に作業性の向上と精度アップ更に内側からかの加工なのでパイプ内部にバリが出ません。

バリはパイプ外側なのでもしバリが発生してもバリ取り作業が楽です。

パイプ内面の歪みも少なく製品としても非常に良いものが出来ます。

最大の特徴は専用機で無く現在お使いのプレスの仕様に合わせて取り付け可能に製作できます。
また油圧シリンダーや空圧シリンダーも使用しないので余分な費用がかかりません。

この装置は現在特許出願中です。

パイプ加工にお困りでしたら是非ご相談ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です